サイマティクス

サイマティクスとは?

サイマティクスとは?

正常な臓器には正常の波動が出て

います。ところが病的な状態になると

病的な波動になってきます。

これに可聴域の音の正常な波動を

照射しつづけると波動的に矯正される

のです。すると病的な部分が正常化

されてくると言うわけです。

このサイマティクスには約700種類の

項目がインプットされており、

各臓器、ウィルスに対するもの循環、

心、精神的なもの或は目に見えない

オーラやエーテル体と言ったものまで

あります。

サイマティクスでは五つの周波数の

調和音によっていろいろな領域に

効果的に使える様になっています。

音による波動矯正ですので、

副作用もありません。

サイマティクスWHO世界保健機関

サイマティクス症例

サイマティクス症例

斉藤新一さん 喉頭がん

サイマティクス音響療法と

天然メシマコブと莪述服用 

10日間での結果

※掲載に関し、患者様御本人

 斉藤新一様の許可を得て

 掲載させて頂いております。

サイマティクス臨床データ

サイマティクス臨床データ

■第8回日本代替・相補・

 伝統医療連合会議で発表。

※第8回JACT大会

2005/2005年2月26日(土)

     ~

27日(日)福岡市開催。

※大会テーマ:

21世紀の新しい医療「統合医療」を目指して...

   

◆サイマティクス(CYMATICS )の

臨床演者:今田 剛(医師) 

協同演者:宗方正幸(オペレーター)  

◆背 景◆ サイマティクス(Cymatics)とは

波動現象(振動により創成される物質

の動きやパターンなど)の研究を意味

する言葉で、

ギリシャ語“to kyma”「波」、

“ta kymatika”「波動を呈する物質」

からの造語である。物質の波動現象の

研究は物理学者E.F.F.Chladni

(1756-1827)に始まり、スイス人

医師Hans Jenny(1901-1972)が

研究を発展させ、生物の器官の分化や

細胞形成に振動が大きく関わっている

ことを示唆した。

 

一方、英国人医師

Dr. Sir Peter Guy Manners博士は、

Cymaticsを病気治療に応用し、

患部に健康な器官や組織の周波数を音

としてあてることにより異常周波数を

有する細胞・組織・器官を正常化する

治療法(サイマティクス医療)を

創始した。

 

今回、Manners博士が開発した

サイマティクス医療の

有効性を評価した。

 

◆方法◆ 

 

対象は、整形外科的疾患を有する

患者24例

(男性10、女性14、平均年齢59.0才)、

44病変腰痛20(椎間板ヘルニア8、

脊柱管狭窄症6、変形性腰椎症3、

腰痛症1、腰椎辷り症1、

心因性腰痛1)、膝関節痛11

(変形性膝関節症8、膝半月板損傷2、

心因性疼痛1)、肩及び肩甲部痛8

(頸肩腕症候群4、肩関節周囲炎3、

頸椎不安定症1)、頚部痛5

(椎間板ヘルニア2、頸椎辷り症1、

変形性頸椎症1、頸肩腕症候群1)

でいずれも整形外科医の診断・

治療にても疼痛を訴える症例である。

 

サイマティクス医療は

サイマティックリサーチ株式会社製

CR-2000を用いて施行した。

 

CR-2000は、

Manners博士の発見した周波数、

可聴音域にある五種類の周波数の

合成音からなる約470種類の音を

内蔵し、アンジュレーター

(手持ちのスピーカー)を直接患部

にあてがい使用する。西洋医学的・

東洋医学的観点から各症例に応じて

約30種類の周波数を選択し

約1時間施術した。

今回使用した音は、筋肉攣縮除去音、

椎間板の音、脊柱の音、椎体のずれを

取る音、腰痛を取る音、靭帯の音、

坐骨神経痛を取る音、神経圧迫

解除音、経絡の滞りを取る音など

整形外科領域を中心とし、

これに精神面の音、第一・

第四チャクラの音、

バッチフラワーレメディの音などを

適時選択し施術した。

 

治療効果判定は、施術前後に痛みの

VAS ( Visual Analog Scale)スコアを

測定し、Wilcoxon t-testを用いて

有意差検定を行った。

 

◆結果◆

 

腰痛はサイマティクス施術約1時間後

有意に軽減した

(VAS35.3±2.2→18.2±1.7, p<0.001)。

 

膝関節痛もサイマティクス

施術1時間後有意に軽減した

(VAS44.6±3.0→23.8±3.2,P<0.001)。

 

肩関節痛も施術後有意に軽減した

(VAS30.2±2.4→16.5±2.1,P<;0.001)。

 

頚部痛も施術後有意に軽減した

(VAS 30.3±3.7→17.7±3.5, P<0.001)。

一度の施術で完全に疼痛の消失した

例は 延べ267例中83例

 (31.1%)に認められた。

 

副作用は全く認められなかった。 

 

◆結論◆ 

 

サイマティクス医療は、

西洋医学的治療に抵抗性の

各種整形外科疾患の

疼痛緩和に有効である。

サイマティクスCD取扱しております。

心の癒し・家庭円満・妖精の囁きなど